オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
料金

がんには多くの種類が存在する。
食道がん、胃がん、大腸がん、肺がん、皮膚がん、肝臓がん、これらは様々な症状を引き起こし、患者にとって大きな障害となるものであろう。
日本国内の成人の中でも、これらのがんに悩まされている方々はとても多い。
がんは日本人の死亡原因のトップであり、がんの克服は、それすなわち日本国内の寿命が大きく改善される事に繋がるのである。

がんの種類に比例して、がんの治療法は多く存在する。一般的なのが、手術、抗がん剤治療、放射線治療である。
手術による切除は、症状の進行度によって、その方法が大きく変わってくるが、基本的には腹部や患部周辺を切り開き、直接切り取るという方法が取られる。
患者へのリスクは高いものの、手術が成功すれば完治が早い事も特徴である。
がんの特徴の中で特に軽快が必要な部分としては、転移の可能性である。
個の転移を防ぐことができるのが、抗癌剤治療である。文字通り抗癌剤によってがんの進行を抑え、消滅させる事が出来るものであり、高い効果が期待できる。
放射線治療は、患部を切り開かずにX線照射によって治療する事ができる技術である。
これらはがん克服に高い効果を発揮することができるが、それと同時に副作用や術後の経過にトラブルが起きてしまう可能性も少なくない。

しかし、現在のがん治療は更に選択肢を増やすことに成功し、新たに一般的になる可能性のある治療技術が多く世に出てきているのである。
免疫細胞療法というものも、その一つである。
免疫細胞治療とは、患者の細胞組織を採取し、その細胞にがんに効果のある薬剤を付与させ、活性化させ増殖させる、その後、患者に投与することでがん細胞をやっつける役割を持つ細胞が体内でがん細胞と戦う事により、がん細胞の進行を抑えることが出来るのである。
メリットとしては、副作用が全く起こらない、軽微で済むといった部分である。
更に、抗癌剤の効果を阻害することがないばかりか、効果を促進させる事ができるのも大きな特徴といえよう。
免疫細胞療法はまだ一般的には知られていない治療法である。しかし、今後成果を伸ばすことが出来ればがん治療に置いてメジャーなものになる可能性も大きくはらんでいる。
患者本人の細胞を使用する免疫細胞療法は、非常に効果が期待出来るばかりか、マイナス面が殆ど存在しないことが大きなとくちょうであり、患者のサポートを効率よく行える画期的な治療法である。